読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年わたしの24枚 その6

男前

Tea Times(SACD HYBRID)

Tea Times(SACD HYBRID)

 

数年前に引退宣言した大西順子の復帰先。プロデュースは菊地成孔

大西順子の男前なピアノが炸裂する1枚。開始10秒くらいのドラムに驚いたり、狭間美帆のホーンアレンジが良かったり、どれをとっても今のジャズの先端が垣間見れる。ライブ行きたかったなぁ。

あとはジャケットのメガネ。これが気になる。