読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年わたしの24枚 その3

天は二物を与えず

Loud Hailer

Loud Hailer

 

 2016年になっても新盤がでるジェフ・ベック

エリック・クラプトンジミー・ペイジジェフ・ベックは俗に3大ギタリストと呼ばれているが、未だにこの次に出るのが最高傑作ではと思わせるのはジェフ・ベックだけかと思う。この新盤も正直、最高傑作といって良い感じ。

全曲ひたすらジェフ・ベックが弾きまくり、カッコ良い。ただし、それ以外は全てダサいという非常にジェフ・ベックらしい作品。ボーカル、ベース、ドラム、曲、どれをとっても、まぁなんとも言えない感じが残る、が、ギターだけ異物。そのギターが過去作と比較しても一番いいんじゃないかと思わせるからすごい。

ベックは昔からギターの演奏以外はダサかった。とくにギターの色がダサい。同時期に作っていたレースセンサーのクラプトンモデルのストラトがバカ売れしたのにもかかわらず、ベックモデルは全然見なかったのは、ネックが太かったこと以上に、あのペパーミントグリーンがいけなかったのではと今でも思う。黄色のストラトもカッコ悪かったなぁ。しかし、そんなあらゆるダサさを凌駕するほどギターの演奏はカッコいい。

まだまだ上手くなる72歳、渋さとは無縁の現在進行形だ。