2016年わたしの24枚 その25

 1934 - 2016

You Want It Darker

You Want It Darker

 

 Bowieの★も覚悟していた感じがするけど、こちらも圧巻。

Bowie,レナード・コーエンがいなくなり、ディランがノーベル賞をもらった。

そんな2016年。

2016年わたしの24枚 その24

 ★

Blackstar

Blackstar

 

 今年の一枚はやっぱりこれ。

Oh gimme your hands!と叫んだ若者は、I can't give everything away.と語りかけていなくなったのだ。

2016年わたしの24枚 その23

 ★を支えた人達

Beyond Now

Beyond Now

 

 Donny McCaslinのリーダー作。メンバーは

  • Donny McCaslin (sax)
  • Mark Guiliana (ds)
  • Tim Lefebvre (b)
  • Jason Lindner (key)

というDavid Bowieの★を支えたメンバー。Bowieのボーカル抜きでも全然現在最高峰のメンバーだとは思う。とくにマーク・ジュリアナのドラムはここでも最高。一聴してすぐわかる、突っかかった感触と表情のあるドラムでひっぱっていく感じがここでも楽しめる。来年来日するんだよなぁ。行きたい。

 

 

 

 

 

2016年わたしの24枚 その22

 That Summer Feeling

STARGAZER

STARGAZER

 栃木県北で活躍する高校生バンドAPOLLOのシングル 。

マイルス・デイビスはエレキマイルス時代に「どの音を鳴らすかじゃなくて、いつ鳴らすかに集中しろ」と言っていたとかいないとか。リズム重視の志向になっていた中の言葉だとは思うけど、その時代、その時代に鳴らすべき音ってのも確かにあるよなぁとは思う。そしてそれはその時の自分たちにしか鳴らせない音だったりする。

今でしか鳴らせない音を持っているってのはうらやましいと思う。

2016年わたしの24枚 その21

 幸福

幸福

幸福

 

 昨年の朝日新聞の広告からはじまり、ついにでた岡村靖幸の新盤。1月だったのかぁ。まさか新盤が出る日が来ようとは思わなかったので出ただけでも嬉しい。前の作品より確実に良いしね。なんだかんだで今がキャリアの中で最高潮だとは思う。こんな日が来るとは正直夢にも思わなかった。ジャケットも最高

2016年わたしの24枚 その20

 ブライアン、いいのだろうか?

 イーノの新盤。

アンビエントあり、ベルベットのカバーありとイーノ好きには文句のつけようがない。

ちょうどイーノを知り始めた頃はアンビエントしかやっていなくて、早くボーカルものだせよとか散々言われていた時だった。そのくらいアンビエントものの地位は低かったんだけど、いつの間にやらアンビエントものも評価され、こちらもなぜか聴けるようになってきた。当時は「寝る、死ぬ、吐く」とか呼ばれてたけど歳をとったのか、それとも昔は理解力がなかったのか今は心地よく聴ける。だけど今回くらいのがちょうどいいのかもなぁ。

"to dawn"な一枚

2016年わたしの24枚 その19

 いつだってAphex Twin

Cheetah Ep

Cheetah Ep

 

 Aphex Twinの最新EP。昨年位はSound Cloudにやたらと曲をあげたりなど、相変わらずの性格の悪さが嬉しい限り。今回もCheetah MS800というシンセを取り入れた作品らしいが、そんなギミックは関係なくかっこいい。ここ最近は作品こまめに出しているので、またいつ沈黙するか分からないので今を十分楽しもう。